1. HOME
  2. VOD ビデオオンデマンド比較ランキングU-NEXT(ユーネクスト)【ぱにぽにだっしゅ!】動画の感想と評価!U-NEXTで楽しむ新房監督の名作

U-NEXT(ユーネクスト)

2016年07月08日

【ぱにぽにだっしゅ!】動画の感想と評価!U-NEXTで楽しむ新房監督の名作

この記事は約3分で読めます。

ぱにぽにだっしゅ!

U-NEXTでは現在「ぱにぽにだっしゅ!」を見放題で配信中。既に10年以上も前の作品ですが、今見ても面白い演出や、魅力的なキャラクターがたくさん登場するので、見ていない方はぜひ見てほしいところ。ここではその魅力や見どころなどを紹介します。

ぱにぽにだっしゅ!とは

ぱにぽにだっしゅ!は氷川へきるの漫画作品「ぱにぽに」をアニメ化したもの。2005年の7月から2クールにかけて放送されました。放送当時はその独特な演出や耳に残るテーマ曲からネットで話題に上がることも多かったです。内容としては、11歳で教師という天才少女レベッカ宮本、そして担当する桃月学園の生徒を中心としたコメディ。基本的に1話完結の作りで時にはかなりぶっ飛んだ話も見せてくれます。逆に感動を誘うような話もあり、2クールで様々な物語が楽しめる作り。話ごとの繋がりは薄いので、合わないと思えば飛ばして次の話を見ちゃうのもありかもしれません。

監督は新房昭之

本作の監督を務めるのは「魔法少女まどかマギカ」や「化物語」で有名な新房昭之です。化物語などを見たことのある方はご存知だと思いますが、新房監督は非常に独特の演出をすることで知られる監督。その手法は10年以上前の作品である本作でも見られます。オープニングなどに実写を混ぜ込んだり、黒板などにメッセージを挿入したり、いきなりゲーム風の画面になったり。特に会話の多いシーンでは視聴者を飽きさせないために、様々な映像表現をくりだしてきます。独特過ぎて好みの分かれる部部ではありますが、ハマる人はハマるはず。癖の強い演出が気にいったら同監督の他作品も合わせてチェックしてみてください。年代を追っていくと演出の変化なども楽しめますよ。

ぶっ飛んだギャグが魅力の作品!

エピソードにもよりますが、本作はかなりぶっ飛んだ内容の作品。いきなり巨大メカが出てこようと、魔法少女が出てこようと、本作ではいたって普通のこと。見ていると何が起きても驚かなくなりますよ。むしろ、そんなぶっ飛んだ世界観が徐々に癖になってきます。ただ、わけが分からないと言われてしまえば、それまでなのも確かなこと。こればかりは好みだと思うので、まずは数話。実際に見て合う合わないを確かめてみてください。ちなみに、た作品へのパロディも入っているので、アニメや漫画を多く見ている人ほど楽しめる部分もあります。

セクシーショットが満載

本作では話の合間合間に急にセクシーショットが挿入されることが多々あります。この時のイラストは謎の力の入りようで、どれも完成度が高め。一瞬なのでじっくり見るには一時停止をする必要がありますが、気になったら要チェック。一部はネット上でも見ることができますよ。また、エピソードによってはキャラの足などが妙に艶めかしく描かれていることも。そもそもキャラクターデザインや塗り方などがそんな感じ。そんなセクシーショットを見るだけでも十分な価値はあると思います。

レベッカ宮本が可愛い

かなり個人的な意見になってしまいますが、本作で最も可愛いのはレベッカ宮本、通称ベッキーでしょう。幼くして先生をやっているだけに生徒に弄られることもあり、その時の反応がいかにも子供っぽくて可愛らしい。普段のやる気のない態度も見ているうちに気に行ってきます。声優の斎藤千和の声もロリっぽさのある癖のある声で魅力的。一度聞くと余裕で脳内再生できます。もちろん、姫子や6号さんなどの生徒も魅力的。かなりの登場人物がいるので、1人はお気に入りのキャラができると思います。

オープニングが癖になる!

本作を語るうえで欠かせないのが、耳から離れなくなるほど特徴的なオープニング曲。普通の2クールアニメと違って、本作では全部で3曲が使用されるのですが、その全てが印象的。中でも1番初めに使われる「黄色いバカンス」は名アニソンとして今でも知られています。「少女Q」の独特のサビも忘れられないもの。サビの映像のベッキーの表情が、良質な作画も相まって心に来るものとなっているので注目です。

u-next(ユーネクスト)口コミ評判
ツタヤTV 口コミ評判
DMM動画見放題chライト 口コミ評判

© 2018 VOD ビデオオンデマンドの比較ならVODSHOW All Rights Reserved.