1. HOME
  2. VOD ビデオオンデマンド比較ランキングもっと知りたいVODストレスフリーで動画を見よう!VODに適した回線や速度など環境まとめ

もっと知りたいVOD

2016年02月16日

ストレスフリーで動画を見よう!VODに適した回線や速度など環境まとめ

この記事は約6分で読めます。

ストレスフリーで動画を見よう!VODに適した回線や速度など環境まとめ

せっかくお金を出して登録しているVOD、これが快適に見られなかったもったいないですよね。そこで、ストレスフリーで動画を見ることの出来る回線や速度についてご紹介していきます。これを参考にVODに適した環境を築いてみてください。

回線速度が足りないと?

VODには各社が設定している推奨回線速度というものが存在します。これを満たすことで初めて快適な動画鑑賞が可能となるのです。もし、その回線速度を満たさない状態で視聴を始めてしまうと、なかなか読みこみが終わらずに頻繁に動画がストップ。視聴が困難な状態に陥ってしまいます。

会社によっては画質を落として対応してくれることもありますが、やはり最高の画質で視聴したいところ。これを改善するにはインターネット回線を根本から見直す必要があるかもしれません。

VODに必要な速度って?

先ほども触れたようにVODは会社によって推奨速度に違いがあります。たとえば代表的なHuluなら3~5Mbp、U-NEXTなら2Mbps~、dTVなら2~4Mbps、といった感じでそれなりに差が出てきます。この単位は「メガビーピーエス」と読み、1秒間のうちシステムが扱うことのできる最大ビット容量を指します。

平均してみるとおおよそ3Mbps程度は必要ということになり、これはそんなに異常な速度を求められているわけではありません。ただ、視聴する画質によっても必要な速度は変化するので注意が必要です。画質というのはいわゆるSDやらHDというやつで、画質が良くなれば良くなるほど、当然ながら求められる回線速度も大きくなっていきます。たとえば一般的なSD画質なら先ほどの速度よりも多少は落ちても大丈夫でしょう。これに対して綺麗なHD画質なら3Mbpsは欲しいところです。

ちなみに、今話題の4K画質については推奨環境とはかけ離れた数値が必要とされており、25Mbpsを求められることも。これについては適切な環境を用意しなければ見られないという方も多いでしょう。

速度には上りと下りがある?

インターネットの速度を調べる際に混乱しがちなのが「上り」と「下り」というもの。これについては一度知ってしまえば簡単なことで、上りはアップロード、下りはダウンロードということです。ということは、必然的にVODに必要とされるのは下り、ダウンロードの方ということになります。

もっと分かりやすく言うなら私たちの使う回線は高いところにある大きな機械に繋がっていて、そこからデータを落としてくるのが下り、何かのファイルを送るのが上り、といったところでしょうか。これを覚えておくとVOD以外にも役立ちますので、ぜひ頭の片隅に入れておいてください。

VODに適した回線

では、先ほど紹介した3Mbpsを実現するにはどうすればいいのか。これを手っ取り速く解決するなら光回線にしてしまうのが早いでしょう。今やインターネット時代なので導入している方も多いとは思いますが、光回線なら基本的に100Mbpsは持っていますので各VOD推奨の速度については問題ありません。最近登場した1Gの回線ならさらに快適度がアップ。4K動画もスイスイ見ることができます。これに対してADSLは速度が抑えめとなっており、VODを導入するには少し辛いかもしれません。

ただ、これらの回線速度はあくまでも最大値であって実際に100Mbps出るかと言えば無理です。実際に測ると分かるのですが、平均して30Mbps程度。人が多くなる時間帯になればそれ以下もありえるでしょう。

プロバイダにも気を付けよう

インターネット回線を契約するとき、同時にプロバイダを選ばなければなりません。VODに適した環境を望む場合はここにも注意しておきましょう。何故なら、プロバイダによって速度というのは変わってくるのです。

これは住む場所とも関係していて、同じプロバイダでも東京都と大阪では速度が違うということがあります。そのため、一番確実なのは近所に住んでいる方への聞き込みなのですが、実践するのは難しいと思うので、インターネットで情報を集めるといいでしょう。

ちなみに、最近はプロバイダによって2年契約することで安くなるプランが用意されています。これはいわゆる携帯の2年割のようなもので、安くなる代わりに2年間、途中解約に違約金が発生するわけです。これを契約してしまうと後から速度が遅くなった時に乗り換えがスムーズに出来ないので注意しておきましょう。

回線速度を測ろう

速度がどのくらい出てるのかVOD契約前に知っておきたい。といった方は先に回線速度を計測しておくことをおすすめします。実はインターネットの回線速度というのは非常に簡単にチェックすることができるんです。

実際に「速度測定」などで検索すればいくつかの回線速度計測サイトが出てきますので、後はそこに必要な情報を入力してスタートするだけ。少しすると計測された速度が表示されます。これを参考にして自分が契約しようとしているVODの推奨環境を満たしているか知っておきましょう。もちろん測定するのは「下り」の方です。

ただし、インターネットの速度は時間帯によって変わってくるもの。いくら昼に計測して100Mbpsあったところで夜になれば1Mbpsなんて極端な話もありえます。そこで、回線速度を計測する際は朝と昼と夜、全ての時間帯を計測しておくといいでしょう。その結果を見て契約プランやプロバイダを見直してみてください。

回線速度にはルーターの調子も影響することがあるので、速度測定を行う前にルーターの再起動をかけておくといいでしょう。これによって速度が改善されることも多いので、VOD視聴中に止まってしまった時なども試してみてください。

スマホでの視聴は?

今や1人1台が当たり前となったスマホやタブレット。これらでもVODは視聴できるので、通勤の電車の中や出張先でも視聴が出来て便利ですよね。そんなスマホでの視聴も基本的には大丈夫。最近主流となっているLTEであれば平均して30Mbps程度は出るはずなので余裕でHD画質の動画を視聴することが可能です。

もちろん電波塔から離れた位置にいたり、電波が届かなければこの限りではありませんが、一般的な利用であれば、まず問題ないでしょう。ちょっとした空き時間などに気軽な視聴が楽しめます。

スマホでの視聴に注意!

スマホでも快適な視聴と話してから何を言うんだと思うかもしれませんが、スマホでのVODの視聴しすぎには注意してください。というのも、実はスマホの通信には制限というものがかかっているんです。具体的に言うと標準的な定額契約の場合なら月に7GB、これを超えることによって通信の速度が著しく低下。快適なスマホライフを手放すことになりかねません。

普段は超える心配の無い制限ですが、VODのHD画質は結構な通信を強いられます。これは一例ではありますが映画1本で1GB程度になってしまうこともあり、これでは数本見たら制限を超えてしまいます。これは初めてVODを契約する方がやってしまいがちなミスなので気を付けておいてください。

スマホでVODを見るなら?

では、スマホでVOD視聴が出来ないかと言えば、実は裏技的な方法があるんです。それはあらかじめ動画をダウンロードしておくということ。これはVODの会社にもよるのですが、U-NEXTやdTVは先に動画をスマホへとダウンロードしておけます。そのため、わざわざスマホの貴重な通信を使うことなく、家のインターネット回線でダウンロード可能。これなら制限に引っかかることもありません。

自宅のインターネット回線が使い放題のプランであればリスクを背負うことも全くなく、動画データをスマホに保存。これを好きなタイミングで視聴することができるんです。それに、ダウンロード済みなのでスマホの回線速度が安定せずに途中で止まってしまうこともありません。

どうしても外で急にVODが見たくなった際も画質を落としたり、量を抑えておけば平気なので、使いすぎたかなと思う時は携帯会社のホームページで通信料をチェックしつつ賢く利用してみてください。

u-next(ユーネクスト)口コミ評判
ツタヤTV 口コミ評判
DMM動画見放題chライト 口コミ評判

© 2017 VOD ビデオオンデマンドの比較ならVODSHOW All Rights Reserved.