1. HOME
  2. VOD ビデオオンデマンド比較ランキングもっと知りたいVOD料金だけで選ぶなかれ!自分のニーズを考慮するのが正しいVODの選び方

もっと知りたいVOD

2016年02月12日

料金だけで選ぶなかれ!自分のニーズを考慮するのが正しいVODの選び方

この記事は約3分で読めます。

自分のニーズに合うものを見つけた

HuluやU-NEXT、さらにdTVと需要と共に増加していくVODの種類。どこがいいのか分からないと、ついつい値段で選んでしまいがちですよね。でも待ってください。VODを本当に賢く利用するのならニーズを考慮した選び方が必要になるんです。

配信数を確認しよう

VODを利用して様々な、たとえば映画もアニメもドラマも観るなんて人は配信数を確認しておきましょう。いろんなジャンルを観るのであれば、配信数が多いに越したことはありませんし、自分の知らなかった名作に出会える可能性も大いにあります。

ひとつの目安としては1万本以上。これだけの配信数があれば、まず観る物に困るような事態はおきないでしょう。ただ、VODは毎月のように動画が入れ替わるサービスなので、配信数だけで選んでしまうのは禁物です。あくまでも、ひとつの基準として頭の片隅に入れておきましょう。

自分の好きなジャンルを確認

VODを選ぶ際、自分のニーズに合った動画をどれだけ配信しているかも重要になってきます。もちろん配信数も大切ですが、いくら大量の動画が配信されていたところで自分の観たいものがなければ、それらは無意味。やはり自分が一番観たいと思うジャンルの多いVODを選んでおくべきです。

具体的に話してみればHuluは海外ドラマや映画に特化しています。そのため、ハリウッドのアクション大作をよく観るなんて人にはぴったりです。U-NEXTならアニメ作品も豊富な上に、映画やドラマなどの動画も充実していたり、dTVならミュージックコンテンツがあったり、各社それぞれの特徴を持ち合わせています。

会社によってはリクエストを受け付けているので、自分の好きなジャンル、観たい作品が少ないと思えば積極的に発言してみるのもいいでしょう。料金だけで選んでしまって観たいものがなく、結局無駄になってしまったという人はジャンルの確認も怠らないようにしてください。

視聴環境も確認

ある意味一番大切かもしれないのが視聴環境の確認。いくら配信数が多く、自分の好きなジャンルが豊富であっても視聴環境が無ければ台無しです。VODの中にはSTBと呼ばれる専用の機械が必要になるサービスもありますが、最近では様々な種類のデバイスで視聴できるサービスが基本となっています。先ほども紹介したHulu、U-NEXT、dTVは全てスマホやタブレット、PCでの視聴が可能なので特に困ることはないでしょう。

TVの大画面で観たいという人はFire TV Stickなどを利用すれば簡単に大画面視聴が可能です。最近ではTVの機能を使って直接視聴したり、PS4やVITAといったゲーム機を使った視聴方法も登場しています。少し知識は必要になりますが、PCの画面をTVに映すことも不可能ではありません。外で観ることが多い人はスマホやタブレット、家で観る人はTVで視聴できる環境が整っているかを確認しておきましょう。

使う人数も確認

VODは実に多彩な動画を配信しているので、家族みんなで使いたい、なんてことも多いでしょう。この場合、1契約で複数アカウントが利用できるか確認しておくことが大切です。1アカウントで利用できる人数というのは会社によって異なり、1アカウントで1ユーザーということもありますので、あらかじめ確認しておいてください。

それに、1アカウントで複数のユーザーが利用できるサービスであれば視聴履歴で困ることもありません。たとえばアダルト動画をVODで観るという方は、できれば家族には知られたくないと思います。この問題も複数アカウントなら問題なし。それぞれの視聴履歴やブックマークを作れるので、自分の視聴が他人にばれる心配もないでしょう。

u-next(ユーネクスト)口コミ評判
ツタヤTV 口コミ評判
DMM動画見放題chライト 口コミ評判

© 2018 VOD ビデオオンデマンドの比較ならVODSHOW All Rights Reserved.