1. HOME
  2. VOD ビデオオンデマンド比較ランキングHulu【アクティヴレイド-機動強襲室第八係-】動画の感想と評価!Huluで配信

Hulu

2016年07月04日

【アクティヴレイド-機動強襲室第八係-】動画の感想と評価!Huluで配信

この記事は約3分で読めます。

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-

現在Huluで配信中の「アクティヴレイド-機動強襲室第八係-」は谷口監督の最新作だけあって非常に素晴らしい出来。普段はアニメを見ないような人も対象とした作品で老若男女楽しめますよ。

アクティヴレイド-機動強襲室第八係-って?

本作はプロダクションアイムズが制作するオリジナルアニメで第1期が2016年1月から3月まで放送されました。総監督の谷口悟朗をはじめ、非常に名の知れたスタッフが集結しており、その出来は期待を裏切らないものだったのです。舞台は2035年の東京で、活躍するのはタイトルにもある第五特別公安課第三機動強襲室第八係、通称「ダイハチ」のメンバー。ウィルウェアと呼ばれるパワードスーツを身にまとい、様々な犯罪に対抗していきます。分かりやすく言えば警察もの。あちらはロボットですが「パトレイバー」を想像してもらうと分かりやすいかもしれません。

総監督は谷口悟朗

本作の総監督を務めるのは、アニメファンなら知らない人はいない谷口悟朗です。代表作としては「ガン×ソード」や「コードギアス」など。最近では「純潔のマリア」の監督もしていましたね。そんな谷口監督が完全オリジナル作品を担当するのはコードギアス以来で実に久々のこと。ファンとしては、待っていました、といった感じ。エンターテインメントのことをよく分かっている谷口監督だからこその面白味が作品の随所に組み込まれているのです。今回はロボットものではありませんが、コードギアスなどが好きだった人なら楽しめることは間違いなし。もちろん、谷口監督の作品を知らない人でも楽しめますよ。

豪華スタッフ集結!

総監督の谷口悟朗だけでなく、本作にはたくさんの豪華スタッフが関わっていました。たとえば、脚本に抜擢されたのは警察物である「特捜戦隊デカレンジャー」の脚本も務めた荒川稔久ですし、キャラクターデザインは「ラブライブ!」で有名な西田亜沙子ですよ。また、音楽を担当するのは谷口監督の作品に関わることの多い中川幸太郎で、その音楽は非常に耳に残るもの。同作曲家の担当した「仮面ライダーオーズ」などの時も思いましたが、一度聞いたら忘れられなくなる印象深さがあります。それでいて痛快な音楽は本作にピッタリマッチ。戦闘シーンや重要なドラマシーンをより感慨深いものにしてくれます。

警察らしい描写が良い!

本作には警察ものらしい描写が多く、これがまた作品を盛り上げます。たとえば、出動したくても管轄が違うので出動できなかったり、必殺技を使うのに各所の承認が必要であったり、何かともどかしい感じが実に国の仕事といった感じです。1話目からもどかしさ全開の内容となっているので、警察物が好きな人も、その感覚がよく分からない人もぜひ見てみてください。きっと画面前で「あぁ、もう」みたいな感じになりますよ。

個性的なダイハチメンバー

本作のメインとなるダイハチのメンバーは個性的な人ばかり。主役格である黒騎猛はゴミの分別もできないような大雑把な性格でマイペース。かなり豪快に事件を解決しようとするタイプです。これに対して相棒の瀬名颯一郎は常に事件をクールに分析し、ゴミの分別はしっかりしないと気が済まないような、簡単に言えば黒騎と正反対の性格。本編中でよくみられる2人の掛け合いは非常に面白く、どちらが好きかは人によって好みが分かれるところでしょう。誰かと一緒に見る予定の方は、どちらのキャラに好感が持てるか話し合ってみてください。

また、物語の冒頭でダイハチにやってくる花咲里あさみも非常に魅力的。メンバーの中では珍しい未成年で、天才であることから自信過剰。しかし時には失敗することも。そんな彼女が少しずつ変わっていく様は本作の見どころのひとつかもしれません。そんなダイハチメンバーの中で個人的におすすめしたいのが、最年長の舩坂康晴。ギャグもシリアスシーンもこなす万能キャラです。特に彼がメインとなるエピソードはロボットアニメが好きな人なら燃えること間違いなし。見終わった後は少し悲しい気持ちになりますよ。

u-next(ユーネクスト)口コミ評判
ツタヤTV 口コミ評判
DMM動画見放題chライト 口コミ評判

© 2017 VOD ビデオオンデマンドの比較ならVODSHOW All Rights Reserved.