1. HOME
  2. VOD ビデオオンデマンド比較ランキングHulu【異能バトルは日常系のなかで】アニメ動画の感想と評価!Huluで日常系ラブコメ

Hulu

2016年06月14日

【異能バトルは日常系のなかで】アニメ動画の感想と評価!Huluで日常系ラブコメ

この記事は約3分で読めます。

異能バトルは日常系のなかで

Huluで配信しているアニメの中でも「異能バトルは日常系のなかで」は非常にクオリティの高い作品。日常系やラブコメが好きな人なら確実にハマると思うので是非見てほしいところです。

異能バトルは日常系のなかでって?

異能バトルは日常系のなかでは同名のライトノベルをアニメ化した作品。2014年に放送されたもので、現在は全話をHuluで視聴可能です。「キルラキル」で有名なTRIGGERがアニメーション制作を担当しており、総監督謙シリーズ構成は大塚雅彦。主人公である安藤寿来をはじめとする5人の文芸部員に異能力が宿ってしまうものの、特に大きな事件などは発生せず、能力をちょっと使った日常が展開されていくという物語です。言ってしまえばありがちなラノベ系アニメなのですが、そのクオリティは他作品と比較して頭ひとつとびぬけている印象です。

貴重なTRIGGERアニメ!

本作はアニメーション会社TRIGGERが元請制作となっている貴重な作品です。実はテレビアニメとしてはキルラキルに続く2作目であり、随所にTRIGGERらしい演出や作画が見て取れます。キルラキルの監督である今石洋之は関わっていないものの、同スタジオの「リトルウィッチアカデミア」の監督である吉成曜や雨宮哲が参加。OPは特にクオリティが高く、何度見ても新しい発見があります。細かい表情やサビ部分のダイナミックな動きなどに注目しながら見てみてください。もちろん、OPだけでなく本編の動きも高クオリティ。実写では絶対に再現できない、アニメならではの面白い動きを見ることができます。

2話までは見てほしい!

全部で12話。1クール作品なので、できれば一気に全話見てほしいのですが、やはりアニメは合う合わないがあると思います。ただ、1話で切るのは止めて必ず2話目までは見てほしいのです。いろいろな意見があるとは思いますが全話視聴したうえで言わせてもらうなら、本作最高のエピソードは2話目だと思います。

実はこの2話目でメインを張るのは文芸部のメンバーではなく、生徒会長でありサブヒロインの工藤美玲。ある理由から彼女は主人公にぞっこんになってしまうのですが、その際の一挙手一投足が非常に可愛らしい。TRIGGER作品らしいダイナミックな動きがキャラクターの魅力をひきたててくれます。最後には少し切ないオチも待っていて、それが一層キャラへの愛着を強めてくれました。何を言っているのか分からないかもしれませんが、工藤美玲はメインヒロインよりもメインヒロインです。

他のヒロインも魅力的です

もちろん、主人公を除く文芸部4人のヒロインも非常に魅力的ですよ。メインをはる神崎灯代は中2病の主人公にツッコミを入れるわりに、自分も中2病というキャラ。それを主人公に指摘されたときの反応の可愛らしいことったらありません。また、幼馴染である櫛川鳩子は天然系の少女。寿来のことを「じゅう君」と呼び、特別な気持ちを抱いています。ちなみに、この鳩子はあるエピソードで主人公に対してキレます。その時に発する超絶長台詞は本作の見せ場のひとつなので、じっくりと内容を聞きとってみてください。何だか声優の本気を見せつけられます。

年上である高梨彩弓はおっとりとした女子部員で例えるなら大和撫子。しかし、何気ない発言に怒ってしまうこともあります。そして最後は小学4年生の姫木千冬。彼女はある理由から高校の文芸部に出入りしており、リスのぬいぐるみを持っていることが多め。機嫌が悪くなるとそのぬいぐるみを使って腹話術で話し始めるという一面もあり、それを弄られるシーンは彼女の魅力が最大限に引き出されるシーンのひとつ。見た目もしっかり小学生なので同い年よりも年下が好きという方もこれで安心です。他にも千冬の友人など魅力的なキャラが多数登場します。

u-next(ユーネクスト)口コミ評判
ツタヤTV 口コミ評判
DMM動画見放題chライト 口コミ評判

© 2018 VOD ビデオオンデマンドの比較ならVODSHOW All Rights Reserved.